内トラとは?芸能界で気になる言葉の意味や使い方を解説【業界用語】




内トラ

内トラという言葉は、聞いた事の無い耳慣れない言葉だと思います。

一般的には使われていない言葉で、芸能界の業界用語として使われている言葉です。

業界用語とは、芸能界で働く人達の隠語になります。

芸能界の隠語は独特の言い方が多く、一部はテレビの番組内で使われたりして、一般人も真似る事があります。

内トラの意味

「内トラ」の意味ですが、内トラの「トラ」から説明します。

「トラ」とは『エキストラの略語』なので、端役や代役という意味になります。

ドラマの通行人のその他大勢の端役の事です。

音楽関係では、例えばギターが病欠で代役として呼ばれた臨時のギターリストという事になります。

次に「内」について説明します。

「内」とは、その現場のスタッフの事になります。

エキストラは通常は、一般募集されて1000~5000円くらいで雇われます。

またボランティアをしてくれる人を募集する場合もあります。

これに対して「内トラ」は、少人数のエキストラで済む為に、わざわざ外注しなくても良い場合に、スタッフがエキストラをする場合があります。

エキストラに支払われる謝礼もかからないので経費削減になり、現場の雰囲気もよく知っているので一石二鳥とされています。

つまり「内トラ」は、その現場のスタッフ(身内)がエキストラをするという意味になります。

予算が少ない番組やスケジュールの都合で、内トラにするようです。

低予算の番組では「内トラ」が多いようですが、スタッフの中には仕方なくやらされてる人もいるようです。

特に新人や若手のスタッフに、白羽の矢が立つ事が多いようです。

内トラの使い方

ここでは「内トラ」の使い方をご紹介します。

①「先輩に内トラするように言われて、仕方なく通行人になった」

→先輩にスタッフ内エキストラするように言われて、仕方なく通行人になった。

②「次のドラマは低予算なので、内トラする事になった」

→次のドラマは低予算なので、身内でエキストラをする事になった。

Visited 1 times, 1 visit(s) today