ツェーマンとは?芸能界で気になる言葉の意味や使い方を解説【業界用語】




ツェーマン

皆さんは「ツェーマン」という言葉をご存知ですか?

クラシック音楽をされていた方は、「ツェー」という言葉をご存知かもしれませんね。

ツェーマンのツェーは、Cのことで音名(ド)の事です。

ツェーマンはドイツ語読みで、「C」は英語読み、「ド」はイタリア語読みになります。

芸能界では特殊な意味でも使われています。

ツェーマンの意味

芸能界では、「ツェーマン」は『一万円』の事になります。

つまりお金(ギャラ)の数え方に使われています。

クラシック演奏家達が、数字を「音の単位」に置き換えて表現していたのを、芸能界でも使われるようになったようです。

※音階

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」(イタリア語読み)

「C・D・E・F・G・A・B」(英語読み)

「ツェー・デー・エー・ エフ・ゲー・アー・ハー」(ドイツ語読み)

このドイツ語読み+「マン(万)」を付けてお金の数え方にしています。

「C(ド)ツェー」→ツェーマン→1万円
「D(レ)デー」→デーマン→2万円
「E(ミ)イー」→イーマン→3万円
「F(ファ)エフ」→エフマン→4万円
「G(ソ)ゲー」→ゲーマン→5万円
「A(ラ)エフ」→エーマン→6万円
「B(シ)ハー」→ハーマン→7万円

※8は「Octave」、9は「9(ナイン)」に置き換えています。

また上の例は「○万円」という単位になっていますが、「○千円」や「10万円」の場合は?という疑問がわいてくると思います。

例えば「3千円」なら「イーセン(千)」になり、「10万円」なら「ツェージューマン(十万)」となるようです。

確かにドイツ語には馴染みが無い人が多いと思うので、隠語としては成立しているなと思います。

ツェーマンの使い方

ここでは「ツェーマン」の使い方をご紹介します。

①「デパートの営業のギャラは、ゲーマンだった」

→デパートの営業のギャラは、5万だった。

②「悪いけど、デーマン貸してくれない?明日返すから」

→悪いけど、2万円貸してくれない?明日返すから。

Visited 6 times, 1 visit(s) today